コトバスコラム

うどん県で味わう本格的な日本そば < 蕎麦たちばな / 香川県 >

たちばな1

四国 = うどん
のイメージが圧倒的に強く、実際 四国には香川県を中心に うどん屋さんが数多く存在します。

四国に来てそば?
とあまりイメージできないと思いますが、私が運営するゲストハウスそらうみの近くに 本格的な日本そばを味わうことができるお店がありました。

一見、民家風な店構え

たちばな2

蕎麦たちばな(香川県高松市)
一見、民家に見える店構え。営業時は幟が出ているので 見分けることができます。
駐車場は手前に数台分。高松と言っても 市街地から離れた郊外なので、自家用車での訪問が便利。

たちばな3

十割蕎麦

香川県内の麺類提供店は、

うどん >>>>> ラーメン >そば

圧倒的にうどん屋が多く、最近でこそラーメン屋が少しずつ増えていますが、おそば屋さんは見かけません。予めインターネットでお店を調べようとしてやっと、数軒見つかるくらいです。

それだけに 本格的な十割そばは本当に希少。期待が高まります。

お店の中へ

たちばな4

ガラガラ~ っと引き戸を開けて、「玄関」で靴を脱いで入店。お店というより親戚の家に来た アットホームな感じ。

たちばな5

秋は新そば! タイミングが合い、ラッキーでした。この日は北海道産そば粉を使用との事。

たちばな6

メニューは 大きく分けて 「温 / 冷」
温かいそばの 麺と吸い物(つゆ)を味わうのが好きなのですが、そばの味と香りを楽しむには 冷たいほうと 勝手に思っておりまして、この日は冷たいもりそばと 天ぷらをいくつか注文。

もりそばと天ぷら

たちばな7

もりそば大
ツヤツヤのそばが登場! 長方形のお皿は 底部が溝になっていて、水が切れる仕組み。
濃いめのそばつゆに、さっぱりとした新そばの合うこと。いくらでも食べれます。凄い勢いでそばが減っていくのが悲しい...。

たちばな8

舞茸の天ぷら
サクサク食感です。

たちばな9

白ネギの天ぷら
新鮮なネギは甘いことがわかります。

たちばな10

〆はそば湯
そのまま飲んでも ほんのり塩味。つゆと割っても楽しめます。

個人的には お蕎麦屋さんでは 「蕎麦前」 を嗜みたいところですが、こちらは確かアルコールメニューは無かったような(未確認)。
そこは 本場へ行ったとき&車じゃない時に、じっくり堪能したいと思います。

うどん王国で味わう希少なそば。気分転換にいかがでしょう。

蕎麦たちばな

< 自家用車 >
高松駅から 約25分、10km
高松空港から 約10分、6.5km

< 鉄道 >
ことでん琴平線 空港通り駅下車 徒歩約25分、2.0km

※ 主な地点からの最速・最短距離

この記事を書いた人

野瀬 章史
野瀬 章史/ゲストハウスそらうみ 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 法名・照山の僧籍

四国高松でゲストハウスそらうみを運営する傍ら、四国八十八ヶ所霊場会公認先達として、お遍路さんの案内を務める。法名・照山(しょうざん)の僧籍も持つ。趣味はバイクツーリング、カヌー、登山、鉄道、料理など。日本の全離島・全地点を隅々まで回るべく、愛犬しょうとの日本一周旅の途上。